施工写真

  • ホーム
  • シックハウス対策について

シックハウス対策について

●VOCへの取り組み姿勢
インテリアフロア工業会は、ビニル系床材の揮発性有機化合物(VOC)の低減に向けて自主的取り組みを進めています。対象物質は、厚生労働省がシックハウス対策として指針値を定めている13物質とし、さらに暫定目標値として定めている総揮発性有機化合物(TVOC)の低減にも取り組んでいます。
現在、住宅品質確保促進法、学校環境衛生の基準、国土交通省営繕部の測定対象物質を参考とした6物質(ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、p-ジクロロベンゼン、エチルベンゼン、スチレン)についての自主基準化を行っておりますが、今後も社会の考え方を機敏に把握し、必要な改善を図っていきます。
シックハウス対策に係る法改正としては、建築基準法が改正(平成15年7月1日施行)され、クロルピリホスの使用禁止、ホルムアルデヒドの使用規制、換気設備の義務付けが定められています。
●4VOC対応
インテリアフロア工業会は、平成18年1月より、住宅品質確保促進法、学校環境衛生の基準、国土交通省営繕部の測定対象物質を参考とした6物質(ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、p-ジクロロベンゼン、エチルベンゼン、スチレン)を採り上げ、自主基準化を行い維持管理しています。
そのような中、平成20年4月1日には、建材からのVOC放散速度基準化研究会にて4VOC(トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレン)を対象物質とする「建材からのVOC放散速度基準」が制定・公表されましたが、当工業会は4VOCを含む6物質に対しての自主基準を早くから定め、管理してきました。
この自主基準は、諸外国の室内空気質に関する規制等を調査・検討の行った結果をもとに作成し、加盟会社によって管理されています。
4VOCの放散速度基準が制定されましたが、対象物質数も少ないこともあり、当工業会としての自主基準をこれに対応させるような変更並びに4VOC放散速度基準に適合しているという表示は行わないこととしています。
<インテリアフロア工業会自主基準>
当工業会が定める自主基準は、厚生労働省がシックハウス対策として定めた室内濃度ガイドライン指針値を床材料からの放散速度に換算した値とし、その換算法については JIS A 6921 付属書B*1により、文部科学省が指定する学校環境衛生の基準における6物質(ただし、ホルムアルデヒドは建築基準法F☆☆☆☆に準拠)を算出しますと下表のようになります。
平成31年1月17日、「シックハウス(室内空気汚染)問題に関する検討会」で新たに取りまとめられた「中間報告書-第23回までのまとめ」を踏まえ、キシレン、フタル酸ジ-n-ブチル、フタル酸ジ-2-エチルヘキシルの3物質について、厚生労働省の室内濃度指針値が改定されました。
この改定を受け、当工業会も自主基準値を見直し、次の表の通りキシレンの自主基準値を改定しました。

床材料からの放散速度に基づく自主基準値

文部科学省対象物質 厚生労働省指針値
(μg/m3
デンマーク法
換算式
自主基準値
(μg/m2・h)
ホルムアルデヒド 100 F☆☆☆☆に準拠 5
トルエン 260 (左記指針値)
×0.197
51
キシレン 200 39
p-ジクロロベンゼン 240 47
エチルベンゼン 3,800 748
スチレン 220 43

※床材料からの放散速度測定は、JIS A 1901(小形チャンバー法)及びJIS A1902-1(小形チャンバー法測定におけるサンプル採取、試験片作製及び試験条件)に準拠して行っています。

*1 : JIS A 6921 壁紙 附属書B(参考)室内空間モデルにおける気中濃度増分値の算出

●F☆☆☆☆表示について
2003年7月1日 改正建築基準法が施行され、ホルムアルデヒドを放散するおそれのある建材・内装材を特定し、これらの放散量によって、「F☆☆☆☆」などの等級表示が実施されることになりました。
等級表示が必要な建築材料は、国土交通省告示により17種類があげられておりますが、ビニル系床材は告示対象建築材料ではなく、全く規制を受けません。
これは、ビニル系床材がホルムアルデヒドを放散するおそれが無いためであり、実際に測定しても「F☆☆☆☆」を充分満足するものになっております。

国土交通省は、「告示対象以外のものは、F☆☆☆☆等の表示をする必要はない。」と言明しております。これにより、当工業会としてはむやみにF☆☆☆☆表示をするとかえって混乱を招く事につながるものと判断し、ビニル系床材へのF☆☆☆☆表示は行っておりません。
F☆☆☆☆表示にかかわるビニル系床材の取扱いについて(I.F.A制定) PDF(124KB)

※PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader日本語版(無償)が必要です。
● 最新のAdobe Readerをダウンロードするには、右のアイコンを クリック してください。
● Adobe Readerをダウンロードできましたら、ご覧ください。

Copyright © 2006-2019 InteriorFloor Industrial Association. All Rights Reserved.