施工写真

リサイクル

  • ホーム
  • 下地水分の測定判断基準

HI-520による地下水分の測定判断基準 IFA提案

平成26年6月改定

 接着剤を用いて施工するビニル系床材は、その下地との接着力が耐久性や他の諸性能に大きな影響を与えます。そのため施工する前に、充分な接着力を発揮させるため、接着剤の選定、下地の乾燥、下地の強度の確認が必要となります。特に、下地の水分が高い場合、施工した結果として膨れや接着不良などの問題を発生させることが多々ありました。

 この問題に対応するべく、ビニル系床材を施工する側の立場として、下地の水分をあらかじめ測定し、乾燥度合をチェックした後に施工することを推奨してまいりました。その下地水分の測定に用いる測定器として30年以上前に、㈱ケツト科学研究所(以下ケツト社)製より高周波容量式水分計「CH-2」型が発売され、この計器で測定した読み値を、計器に附属した「モルタル・コンクリートの水分率との関係をグラフ化した換算表」で下地水分を求め、「8%」以下であれば、一般工法を推奨できる目安としてまいりました。
 しかし、このCH-2型はモルタル水分計であり、多くなってきたコンクリート下地への対応が必要となってきたために、ケット社は、コンクリートを測定対象とした設定(コンクリート・モード)を有するモデル「HI-500・HI-520・HI-520-2」を販売いたしました。(現在、販売されているものは、新機種のHI-520-2のみです。HI-500、HI-520は廃番です)。これらの計器の読み値が、それまでのCH-2型と大きく異なるため、ビニル系床材を施工する業界として大きな混乱が生じてしまいました。さらに、下地はモルタル・コンクリートばかりでなく、セメント系や石膏系のセルフレべリング材も使用されることが多くなっていますのでコンクリート・モードだけで対応することが困難になってきました。そのため当工業会といたしましては「日本床施工研究協議会」の「コンクリート床下地表層部の諸品質の測定方法・グレード」として、平成18年4月に提案されている方法に移行いたしました。
 その表記では、高周波容量式水分計「HI-500・HI-520・HI-520-2」に備えられているD.MODE(ダイレクトモード)の読み値(静電容量と一次相関が得られている値)を用いて、下地水分のグレード分けをしています。インテリアフロア工業会としては、このグレード分けと工業会がこれまで得られてきた施工方法との関係を踏まえて、施工方法の目安といたします。

下地グレートとその判断指標と施工方法の目安
コンクリート・モルタル・セルフレベリング下地 全条件で
グレード 選択D.MODE 従来の下地水分指標
(%)
施工方法目安
HI-500 : 490未満
HI-520、HI-520-2 : 440未満
8%以下 一般工法
Ⅱa HI-500 : 490以上 690未満
HI-520、HI-520-2 : 440以上 620未満
8~10% 耐湿工法推奨
Ⅱb HI-500 : 690以上
HI-520、HI-520-2 : 620以上
10%以上 施工不可
【測定方法】
HI-520 HI-520-2
HI-520 HI-520-2

(1)水分検出部を空中に向けた状態で、電源ボタン「ON」を押します。
  ブザーが鳴った約3秒後に測定画面が表示されます。

(2)ダイヤルを以下のように設定します。
  選択ダイヤル・・・「D.MODE」
  厚さ補正ダイヤル・・・「40」
  温度補正ダイヤル・・・「AUTO」

(3)測定対象物に水分検出部を軽く押し当てると
  測定結果が表示されます。

(1)水分検出部を空中に向けた状態で、電源ボタンを押します。
  ブザーが鳴った約3秒後に測定画面が表示されます。
  画面左下に「Dモード」と表示されていることを確認して下さい。

※表示されない場合は[1][2]の順に操作してください。

[1]測定画面でSET/ENTERキーを押すと、設定画面に変わります。
  ▼キーで「材料選択」を選択し、SET/ENTERキーを押します。

[2]▼キーで「Dモード」を選択し、SET/ENTERキーを押します。

(2)測定対象物に水分検出部を軽く押し当てると
  測定結果が表示されます。

下地グレートとその判断指標と施工方法の目安
コンクリートのみ(モルタルやセルフレベリングには適用不可)
設定条件(厚さ:40㎜、温度:AUTO)
  コンクリート・モード
(読み値)
施工方法目安
4.0未満 一般工法
Ⅱa 4.0以上 5.0未満 耐湿工法推奨
Ⅱb 5.0以上 施工不可

・HI-500,HI-520共に適用できます。

Copyright © 2006-2018 InteriorFloor Industrial Association. All Rights Reserved.